• 見学可

上賀茂流 真多呂木目込人形

  • 芝吹 真智人(真多呂人形学院雅会 常務理事)
講師詳細

京都、上賀茂神社発祥の地とされる木目込人形は、約260年の正統技術を継承し、平安王朝の美、桃山・江戸時代に題材を求めたのが真多呂人形です。まったく経験のない方も、初歩から学べ、ひな人形、五月人形なども作ることができます。本科、高等科、師範科に進めば高度な人形技術を身につけることができ、教授資格も取得できます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/7/3, 7/17, 8/7, 8/21, 9/18, 9/25
曜日・時間
第1曜・第3 金曜 13:00~15:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 16,500円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
筆記用具、はさみ、お手ふき、エプロン、木目込ベラ(880円税込)、そりばさみ(2,420円税込)
※木目込ベラとそりばさみは希望者のみ教室内での予約販売も可能です。
※教材費は作品によって異なります。(3,000~10,000円)

※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きをされる方は<手芸・工芸13>をご覧ください。
受講時間が間違っています。ご注意ください。

講師詳細

芝吹 真智人(シバブキ マチト)
1989年フランスのベルサイユ市のパレ・デ・コングレで開催の日本伝統文化ベルサイユ祭に参加し、「松浦屏風」を出品。レセプションでは、ベルサイユ市長から感謝状とメダルを授与される。現在、真多呂人形の制作の楽しみをより多くの人たちと分かち合う為、各地で教室を開催している。