【教室受講】日本昔話の謎と深層 ~竹取物語とかぐや姫の世界
  • 教室開催

  • 国立国会図書館デジタルコレクションより
  • 村田 真一(京都精華大学・佛教大学兼任講師)
講師詳細

竹の中からあらわれ美しく成長したかぐや姫は、多くの求婚を拒み月の都へ帰り去る。『竹取物語』は、平安時代に作られた日本最古の物語とされ、現在でも昔話として広く親しまれています。滑稽と哀切を兼ねる不思議な物語の世界、またかぐや姫が結婚を拒む意味など、『竹取物語』の謎に迫り、その深層を探ってみましょう。

カリキュラム
7/8 『竹取物語』の不思議 ― 日本最古の「物語」を考える
7/29 かぐや姫の難題と神秘の財宝 ― 『竹取物語』の世界観
9/9 かぐや姫はなぜ結婚を拒むのか? ― 月への帰還と俗世の習い

この講座は終了しました
日程
2022/7/8, 7/29, 9/9
曜日・時間
第2週 金曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 一般 8,910円
設備費(税込)
330円
持ち物など
筆記用具
その他
窓口でお手続きされる方は、チラシ「教養・文芸3」をご覧ください。

講師詳細

村田 真一(ムラタ シンイチ)
1978年生。佛教大学大学院文学研究科仏教文化専攻博士後期課程修了。博士(文学)。専門は、神話伝承学、神話言説論、神仏信仰史・宇佐八幡信仰の研究。