関西変わった仏像と隠れ家ランチ 不退寺の聖観音菩薩とバンケッティのイタリアン

  • 写真はイメージです
  • 西田 淑子(大阪国際大学国際観光学科非常勤講師、サクセスインサイド・コミュニケーション主宰)
講師詳細

リボンの騎士かセーラームーンか。不退寺の聖観菩薩は、宝冠帯を髪に大きくリボン結びをしている。寺伝では、在原業平が刻んだものだと伝わる。光背は開いた花のようで、柔らかそうな衣は華やかに描かれていただろうと見える。その魅力的な姿から、業平の理想の女性、とも思われている。また、奈良では唯一現存する五大明王像は、穏やかな表情が珍しく、不動明王像は鎌倉時代、他の四明王像は、平安時代に作られたものである。
寺は創建当時の地にある。平安時代初期の平城天皇が隠棲し、孫である在原業平が、発願し金龍山不退転法輪寺となった。現存する建物で最古のものは、初層のみが残る多宝塔で、鎌倉時代中期の建築。本堂は鎌倉時代後期の建築で、本尊聖観音菩薩像、その周囲には五大明王が安置されている。
昼食はシェフが地元で開いて3年目のまだ新しい隠れ家イタリアンレストラン。スタッフはシェフ一人。ゲストの一人ひとりに気配りが行き届く。こだわりの”器”、和食器に盛り付けられたイタリアン料理に、和の要素がちょっと加えられたりする。
朝日カルチャーのために、貸し切りで、ディナーメニューの全ての料理にチーズを使った”formaggio”をランチでいただく。

この講座は終了しました

注意事項

拝観料・昼食代を含む
11時 不退寺門前集合

日程
2019/9/26
曜日・時間
木曜 11:00~14:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 10,260円 一般 10,800円
持ち物など
筆記用具
その他
窓口でお手続きされる方はちらし「食文化.グルメ講座4」と集合案内をご確認ください。
9月19日以降はキャンセルできません。

講師詳細

西田 淑子(ニシダ トシコ)
シェラトン都ホテル大阪退社後、文化サロン講師、旅行専門雑誌ライター、旅行関連専門学校講師。現在は大学観光関連学部で非常勤講師、紀行文執筆。文化サロン講師時代より巡った寺社と料理店は120か所以上。