【教室受講】現代に生きる与謝野晶子
  • 教室開催

  • 松村 正直(歌人)
講師詳細

コロナ禍で社会が混迷を深める今、与謝野晶子の存在が再び注目を集めています。1918年から20年のスペイン風邪の流行に際して、晶子は政府の対応が後手に回っていることを批判し、予防注射やうがいなどで各自が感染防止に努めるようにと主張しました。〈春みじかし何に不滅の命ぞとちからある乳を手にさぐらせぬ〉など『みだれ髪』の情熱的な恋の歌で知られる晶子ですが、男女平等や女性の教育、男性の育児参加といった社会問題についても積極的に論じています。没後80年経っても古びることのない晶子の短歌や評論の魅力に迫りたいと思います。

お申し込み

注意事項

・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
 こちらは教室受講用の受付です。オンライン受講はこちらからお申し込みください→https://www.asahiculture.jp/course/kuzuha/3d3aee3e-2b6d-9668-4933-6184b001abe0
・会場は朝日カルチャーセンターくずは教室です。

日程
2022/2/19
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,190円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
・窓口でお手続きされる方は「オンライン1」のちらしをご覧ください。

講師詳細

松村 正直(マツムラ マサナオ)
1970年生。歌集に『駅へ』『やさしい鮫』『風のおとうと』。2010年評論集『短歌は記憶する』で第9回日本歌人クラブ評論賞、14年歌集『午前3時を過ぎて』で第1回佐藤佐太郎短歌賞を受賞。塔短歌会元編集長。