大阪歯科大・朝日カルチャー デンタル塾 歯周病と全身疾患

  • 津守 紀昌(大阪歯科大学 歯周病学講座 助教)

歯周病とは歯の周りの歯茎(歯肉)や歯を支える骨(歯槽骨)が破壊される病気で、その主な原因は歯周病菌の感染です。歯周病菌が歯周組織内で増えると、組織内の毛細血管から全身の組織や臓器に運ばれます。このように病原微生物が引き起こす様々な反応が全身疾患と関連します。現在、106の全身疾患が歯周病と関係していると言われています。今回、いくつかの歯周病とそれと関連している全身疾患に関してお話しします。

お申し込み
日程
2019/12/14
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 1,650円 一般 1,650円
持ち物など
筆記用具
その他
窓口でお手続きされる方はちらし「公開講座1-3」をご確認ください。
会場はくずは教室です。