京都の伝説散歩~犬神人と祇園祭 【オンライン講座】
  • オンライン講座

  • 磯前 順一(国際日本文化研究センター教授)
講師詳細

梅雨の季節、毎年、京都では祇園祭と呼ばれる疫病払いの祭りが催される。本来、八坂神社の主神は牛頭天王、牛の姿をした神様と言われる。この神様は疫神であり、疫病を流行らせると同時に、人々を疫病から守る。全国にある祇園社や天王社と呼ばれる神社は、この牛頭天王をまつる神社である。知らず知らずのうちに、日本にはこの疫神信仰がとても広まってきた。
 しかし、もう一つの祇園祭とでもいうべき「武具飾り」が、同じ時期の京都・弓矢町で開かれている。犬神人は、牛頭天王が日本に渡来したときに連れてきた二匹の犬に由来する。その彼らが牛頭天王をはじめとする八坂の神々の市内巡行に先立って、穢れを祓う役割をしてきたのは、なぜだったのか。元来一つであった祭が、今二つに分かれた意味は何なのか。感染症でままならぬ今現在だからこそ、疫病退散のための祇園祭を犬神人の視点から改めて考察したい。(講師記)

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・【本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。】
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline004@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline004@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomを使用したオンライン講座として行いますので、当日受講券のご用意などは不要です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline004@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。

日程
2021/7/17
曜日・時間
土曜 18:00~19:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,300円
設備費(税込)
-

講師詳細

磯前 順一(イソマエ ジュンイチ)
宗教学・歴史研究専攻。東京大学助手、日本女子大学助教授などを経て、現職。チュービンゲン大学、ハーバード大学、ボッフム大学、チューリヒ大学などの客員研究員も歴任。