• 見学可
  • トライアル可

茶の湯を学ぶ

  • 鈴木 宗鶴(表千家教授・表千家千鈴会主幹)
講師詳細

日本人独自の美意識、「わび・さび」を極める茶の湯。国際化が進むのに伴い、日本の伝統文化である茶の湯が注目されています。日本人として身に着けておきたいお茶の作法と知識をお稽古を重ねることでじっくりと、しっかり身に付けていくクラスです。

1回体験は随時おこなっています。受講料は会員・一般とも2970円(お茶、菓子代を含む)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2020/1/27, 2/4, 2/18, 3/3, 7/7
曜日・時間
第1週・第3週 月曜 10:00~12:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
持ち物など
【持ち物】お茶用扇子、袱紗、懐紙、白ソックスまたは白足袋、筆記用具
初回は扇子、袱紗は無料貸し出し可能です(事前にお申し出ください)
その他
・1月は初釜です。日時・会場にご注意ください。
・窓口でお手続きされる方は、暮らし趣味1-1番のちらしをご覧ください。

講師詳細

鈴木 宗鶴(スズキ ソウカク)
昭和46年より母故宗琴師と共に千鈴会グループの指導従事、同表千家家元東京出張所所属。以降、東京都内を中心に大阪、東北などに教室を展開する一方で東京中心に各茶会主宰を立ち上げ、海外茶道普及、各テレビドラマの茶道指導にあたる。