近世城下町にみる京都の魔界プランニング
  • 教室開催

  • 佐々木 高弘(京都先端科学大学名誉教授)
講師詳細

古代平安京の魔界都市プランニングは、中世、近世を通して近代にまで継承されました。そして日本人独特の身体感覚にまで残存しています。今回は近代の大阪や、世界に評価された日本映画にその痕跡を見いだします。
1 都市と農村に残る古代の魔界(7月8日)
2 現代日本人の身体感覚に残る魔界(7月29日)
3 近代大阪の古代の魔界都市プランニング(9月9日)

この講座は終了しました
日程
2021/7/8, 7/29, 9/9
曜日・時間
第2 木曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 一般 8,910円
設備費(税込)
330円
持ち物など
筆記用具

設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きをされる方は<教養4>のチラシをご覧ください。

講師詳細

佐々木 高弘(ササキ タカヒロ)
大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、京都学園大学人文学部歴史文化学科教授。著作に『民話の地理学』『怪異の風景学』『神話の風景』『京都妖界案内』など。専門は歴史地理学。