【教室講座】ピーが語る昭和・平成歌謡の変遷

  • 瞳 みのる(音楽家・著作家)
講師詳細

日本の歌謡、江戸・明治・大正・戦前の昭和を概観し、戦後の昭和・平成を中心にして、中国・台湾・香港にも触れ、時事を織り込み、時に歌唱を交えその変遷をピーこと瞳みのるさんが語ります。
日本の歌謡史はそんなに古くはない。江戸時代から維新にかけて生まれ時代と共に発展した。 
 「歌は世につれ世は歌につれ」と人口に膾炙されているが、歌謡はまさしくその時その時の世情を反映している。皆様と共に、平成から令和の新しい時代を進むに当たって、様々な思いの詰まったこれまでの時代を振り返ってみよう。

【オンライン講座】はこちら
https://www.asahiculture.jp/course/kuzuha/ae8fef58-9ca1-8933-44c2-5faa3859f79f

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2021/3/7
曜日・時間
日曜 16:00~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,730円 一般 5,170円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具

※設備費は、教室維持費です。
その他
教室講座はオンライン講座にはない特典付です。40名限定です。
ご入金順に整理券番号を発行し後日送らせていただきます。
窓口でお手続きされる方は、「オンライン+教室講座」1番のちらしをご覧ください。

講師詳細

瞳 みのる(ヒトミ ミノル)
1967年ザ・タイガースのドラマーとしてデビュー。1971年に解散後、慶應義塾大学に合格。慶應高校で33年間教鞭を執る。2011年に音楽活動を再開。ザ・タイガース復活コンサートに参加。二十二世紀バンドを結成して活動中。