正倉院宝物の魅力と歴史 奈良国立博物館、東京国立博物館ダブル展覧会に寄せて

  • 玉置さよ子講師
  • 玉置 さよ子(福岡教育大学名誉教授 奈良まほろばソムリエ)
講師詳細

奈良国立博物館の「正倉院展」は、天平美術の粋を集めた正倉院の宝物を毎年秋に展示しています。第71回の今年は「御即位記念」として、「天平美人」で知られる「鳥毛立女屏風」全6扇など、充実した展示が企画されています。同時期に東京国立博物館でも「御即位記念特別展・正倉院の世界」が開催されます。こちらも、白瑠璃碗・蘭奢待など名高い宝物が一堂に会する豪華な展示です。
東京と奈良をまたいだ二つの展覧会の紹介と、世界遺産である正倉院の建築、正倉院成立の歴史、正倉院宝物の世界史的な価値などについてお話しします。(講師・記)

【展覧会のご案内】
  ◆「 御即位記念 第71回 正倉院展 」
     令和元年10月26日(土)~11月14日(木) 奈良国立博物館にて

  ◆「 御即位記念特別展 正倉院の世界 −皇室がまもり伝えた美− 」
     令和元年10月14日(月・祝)〜11月24日(日) 東京国立博物館にて



〔申込みについて〕
※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に500円(税別)を加えた金額で承ります。

お申し込み
日程
2019/10/24
曜日・時間
第4週 木曜 13:30~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 3,080円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持参品:筆記用具


※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

玉置 さよ子(タマキ サヨコ)
奈良女子大学大学院博士課程単位取得退学、博士(文学)。福岡教育大学にて西洋史・世界史教育などを担当。著書に『西ゴート王国の君主と法』(創研出版)、『世界史大系 スペイン史1(共著)』(山川出版社)。