ネウマ譜で歌うグレゴリオ聖歌
  • 教室開催

  • 西脇 純(西南学院大学教授)
講師詳細

グレゴリオ聖歌はヨーロッパ音楽の源泉のひとつであると同時に、今なお修道院などで歌い継がれる生きた宗教音楽です。近年、古い聖歌写本に記されたネウマ譜の研究が進み、10世紀以前のオリジナルな姿が少しずつ明らかになってきました。この講座では、グレゴリオ聖歌の歴史やネウマ譜のしくみをわかりやすく解説するとともに、クリスマスのグレゴリオ聖歌をネウマ譜で歌う体験をします。(講師:記)

〔申込みについて〕
※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に550円(税込)を加えた金額で承ります。

この講座は終了しました

注意事項

講座時間 13:00~15:00(休憩あり)
音楽講義のあと実際に歌う体験をします。
※講座中は必ずマスクの着用をお願いいたします。

日程
2022/11/26
曜日・時間
第4週 土曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,740円
設備費(税込)
220円
持ち物など
持参品:筆記用具
その他
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

西脇 純(ニシワキ ジュン)
西南学院大学国際文化学部教授。1963年,三重県桑名市生まれ。南山大学文学部神学科,同大学院文学研究科神学専攻博士前期課程修了,同博士後期課程単位取得満期退学。ドイツ・在トリーア教皇庁認可神学部博士課程修了(神学博士)。2000年,南山大学総合政策学部講師,2004年,同人文学部キリスト教学科助教授,2012年,同教授。聖グレゴリオの家宗教音楽研究所勤務(2018年~2020年)を経て,2021年より現職。専門は,グレゴリオ聖歌の霊性,典礼神学,西方典礼史。日本グレゴリオ聖歌学会理事,国際グレゴリオ聖歌学会ドイツ語圏支部会会員ほか。