北九州の歴史 歴史の潮流・中世史の転換点を体現する北九州

  • 有川 宜博(北九州市立自然史・歴史博物館名誉館員)
講師詳細

 教科書でもいつも歴史の変わり目に登場する北九州。その争奪をめぐる争いはこの地がいかに重要であったかを示している。今回は、あまりにも有名な平家の都落ちから壇ノ浦での滅亡に至る2年間を詳述するとともに、あまり知られていない南北朝時代の関門海峡での海上合戦の紹介ならびに戦国時代末期に北九州の覇権を争った大友氏と毛利氏のはざまで揺れ動く北九州の武将たちの姿をお話したいと思っている。(講師・記)

<各回のテーマ>変更することもあります。
1、壇ノ浦合戦へ-源義経の進撃
2、もうひとつの門司海上合戦-南北朝時代
3、毛利氏の九州撤退-麻生隆実の純情

<今後の予定>
北九州の歴史を古代(7-9月)、中世、近世(2020年1月-3月)にわたって解説します。北九州の歴史を通して、日本史全体の動きを見ていきます。

2020年1-3月期「小倉城主から見る北九州の歴史的役割り」
◇講師 北九州市文化財保護審議会会長 永尾正剛
◇各回のテーマ
1、近世前史-小倉津平城の建設
2、細川小倉藩の成立
3、譜代大名小笠原氏の入国
(11/22から告知、受付開始予定)


〔申込みについて〕
※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に500円(税別)を加えた金額で承ります。

お申し込み
日程
2019/10/15, 11/19, 12/17
曜日・時間
第3週 火曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,920円 一般 8,910円
設備費(税込)
330円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

有川 宜博(アリカワ ヨシヒロ)
九州大学大学院修士課程卒業。 北九州市立自然史・歴史博物館名誉館員(元中世史担当学芸員)。元太宰府天満宮文化研究所顧問。その他、九州大学・九州産業大学・西南大学・福岡大学の非常勤講師を歴任。