• 見学可
  • トライアル可

童謡・唱歌を歌いましょう

  • 武石和主子講師
  • 武石 和主子(声楽家)
講師詳細

「春が来た」「村祭り」「夏は来ぬ」など楽しく歌います。ソーシャルディスタンスには十分注意して、コロナ禍の今だからこそお腹の底から声を出す有酸素運動で心身の健康を計りましょう。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/4/8, 4/22, 5/13, 5/27, 6/10, 6/24
曜日・時間
第2・第4 木曜 10:00~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,378円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
筆記用具


※設備費は、教室維持費です。
その他
受講料は3ヵ月一括前納が原則となっております。
継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。
この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

武石 和主子(タケイシ カズコ)
大分県立芸術短期大学音楽科声楽専攻卒業。小園邦子、藤村晃一、フォルカー・レニッケ、ルチアノ・ベルタニョリオの各氏に師事。ミラノ・スカラ座音楽監督トーマソ・ヤッペリ氏に1976年から3年に亘ってレッスンを受ける。西日本オペラ協会公演による、オペラ「椿姫」のアンニーナ、「カヴァレリア・ルスティカーナ」のローラ、「カルメン」のフラスキータ等を演じる他、オペラコンサートに多数出演。1975年文化庁芸術祭オペラフェスティバル長崎、佐賀公演「椿姫」に出演。1976年北九州芸術祭出演。1977年ジョイントリサイタル開催。1979年北九州芸術祭「オペラコンサート」に出演(九州交響楽団共演)。1997年「オペラアリアと重唱の夕べ」を主催、出演。2006年リサイタル開催。1983年より門下生声楽発表会「歌のつどい」を開催。また1973年より「こどものためのソルフェージュ教室」を開設、現在に至る。2013年北九州市民文化功労賞受賞。現在、朝日カルチャーセンター講師、女声合唱団「若松コーロ・ソラーレ」指揮者、若松区文化協会副会長、北九州音楽協会会員、「はなみずき会」主宰。