幸福を招く干支の羽子板

  • 岩名 綾子(真木雅子ラタンアートスクール師範)
講師詳細

無病息災を願う為に飾られるようになった羽子板。贈り物や自分用に可愛い干支の羽子板を手作りしてみませんか。厚紙をちりめん布でくるんで綿を入れてパーツを作り、それを組み合わせて2020年の干支、ねずみを中心に据えて完成させます。教室では土台の他、作りやすい部分だけですので、初心者の方もお気軽にご参加下さい。スタンド付きですので立てて飾れます。玄関等に飾ると可愛いですよ。小槌と俵、2通りのねずみから選べます。(図柄、色は選べません) サイズ:縦:約21㎝、横:約10cm、厚さ:約2.5cm


〔申込みについて〕
※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に500円(税別)を加えた金額で承ります。

お申し込み
日程
2019/12/9
曜日・時間
第2 月曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,200円 一般 2,530円
設備費(税込)
110円
持ち物など
【持ち物など】 筆記用具、エプロン、ハンドタオル、持ち帰りの袋
※ 材料代(1,000円)は直接先生へお支払い下さい。


※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

岩名 綾子(イワナ アヤコ)
[バスケタリー]
バスケタリー綾 主宰 バスケタリージャパン会員。1976年 籐工芸の基礎を名古屋で学びその後、奥義を籐工芸家加藤巳三郎氏に学ぶ。1977年 籐工芸教室開講。1979年 真木雅子先生に誘われ傘下に入り、ラタンアートスクール師範へ。1984年 北九州市に移住、朝日カルチャーセンター北九州他の教室にてバスケタリー(籐とかずら)教室開講。1979年から2年毎に真木雅子グループで籐の花展、籐の人形展、かご展を東京で開催。2001年 RKBテレビ「北九州の匠」に出演。1998年~2006年 北九州手づくり市場 実行委員としてイベント・国文祭に参加。2001年から松岡忠夫氏に師事しデザインなどの指導を受ける。現在は朝日カルチャーセンター北九州などで後進の指導に当たるほか、個展や手づくり展のイベントに参加している。
[和菓子]
栄養士。2009年より8年間和菓子の基礎を習い、2012年より月一回のペースで和菓子作りを指導。朝日カルチャーセンターでは2016年より特別講座企画で開講している。