• 見学可
  • トライアル可

ボタニカルアート(植物画) 植物を描く楽しみ、知る楽しみ

  • 講師作品
  • 犬島 裕子(植物画家)
講師詳細

ボタニカルアート(植物画)は、植物学と芸術の両分野の要素を合わせ持つ植物の細密画です。植物画を描くことによって植物を観る目が変わります。描くたびに新しい発見に感動させられるのも植物画の魅力の一つです。それぞれのレベルに合わせて進めていきますので初めての方も心配ありません。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/11/13, 11/27, 12/11, 12/25
曜日・時間
第2週・第4週 金曜 13:00~15:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 10,560円 
設備費(税込)
440円
持ち物など
【持参品】
初めての方は、磨いだ鉛筆2,3本(シャープペンシルも可、太さ3㎜)、消しゴム、定規。
その他の画材については、講師と相談の上、用意していただきます。
経験者の方は、お手持ちの画材をお持ちください。



※設備費は、教室維持費です。
その他
受講料は3ヵ月一括前納が原則となっております。
継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

講師詳細

犬島 裕子(イヌジマ ユウコ)
ふくおか植物画会、Kobe植物画会、日本植物画倶楽部、ASBA(全米ボタニカルアート協会)会員。北海道教育大学卒業、国家公務員を経て、朝日カルチャーセンター(中之島、小西美恵子先生)の植物画講座を受講したことがきっかけで植物画の世界へ。
国立科学博物館植物画コンクール、Hunt(ピッツバーグ)、ASBA(ニューヨーク)、RHS(ロンドン)等、国際ボタニカルアートエキシビジョンへも出品。