再検証 前方後円墳時代を考える

  • 「仁徳天皇陵古墳」(堺市博物館提供)
  • 宇野 愼敏(行橋市歴史資料館館長)
  • 武末 純一
  • 蒲原 宏行
  • 田尻 義了(九州大学アジア埋蔵文化財研究センター准教授)
  • 小川 秀樹
  • 井浦 一
全ての講師
講師詳細

世界で最も大きなお墓は、大阪府堺市にある仁徳天皇陵古墳である。全長 486mある。エジプトのピラミッドや中国の秦の始皇帝陵よりもはるかに大きい。中国の秦とは比べようもないぐらい小さな日本国で、世界一の前方後円墳を築いている。おかしな話である。仁徳天皇陵古墳を築いたのは、わが国の天皇に他ならない。小さな国の日本の天皇が、世界一の前方後円墳を築いている。わが国に世界一のお墓を造れるほどの権力・経済力があったのであろうか。その謎に北部九州各地の前方後円墳・豪族から迫ってみたい。(宇野愼敏講師・記)

<各回のテーマと講師>
①4/24 「ヤマト政権と仲の良い豪族、そうでない豪族」 行橋市歴史資料館館長・宇野 愼敏先生
②5/ 8 「集落と前方後円墳」 福岡大学名誉教授・武末 純一先生
③6/19 「東肥前の前方後円墳」 佐賀県立名護屋城博物館館長・蒲原 宏行 先生
④7/31 「古墳時代の青銅器生産について」 九州大学アジア埋蔵文化財研究センター准教授・田尻 義了先生
⑤8/28 「豊前の豪族と前方後円墳」 行橋市教育委員会文化課参事・小川 秀樹 先生
⑥9/25 「宗像地域の前方後円墳」 福津市教育委員会文化財課・井浦 一 先生

※各回申込もできます。専用ページからお申し込みください。




この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/4/24, 5/8, 6/19, 7/31, 8/28, 9/25
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 16,500円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

宇野 愼敏(ウノ マサトシ)
1976(昭和51)年関西大学文学部史学科卒業、1979(昭和54)年(財)北九州市教育文化事業団(現在の(公財)北九州市芸術文化振興財団)埋蔵文化調査室学芸員を平成31年3月退職。
2003(平成15)年学生社より『九州古墳時代の研究』出版。2004(平成16)年 博士(文学)学位取得。
2014(平成26)年九州前方後円墳研究会代表、2016(平成28)年(特定非営利活動法人)北九州市の文化財を守る会理事、元福岡大学・北九州市立大学非常勤講師。
武末 純一(タケスエ ジュンイチ)
1950年福岡市生まれ。九州大学文学部史学科卒業(文学士)。九州大学大学院文学研究科史学専攻(考古学)修士課程修了(文学修士)。北九州市立歴史博物館学芸員、北九州市立考古博物館学芸員、北九州市立考古博物館副館長、福岡大学人文学部教授を経て現在福岡大学名誉教授。その他、文部科学省文化審議会専門委員(2011年~2020年)、九州古文化研究会代表。九州考古学会会長(2013年~2016年)。
蒲原 宏行(カモハラ ヒロユキ)
佐賀県立名護屋城博物館館長。
1955年長崎市生まれ。1980年筑波大学大学院博士課程修士号取得退学(日本考古学専攻)。同年佐賀県教育委員会に奉職。県内遺跡の発掘調査などに従事したのち、30年以上にわたり県立の各博物館で数々の展覧会の開催等に関わる。2017年より現職。
田尻 義了(タジリ ヨシノリ)
1973(昭和48)年生まれ。琉球大学法文学部卒業。九州大学大学院比較社会文化学府修了。2007年博士号取得。
2013年より九州大学アジア埋蔵文化財研究センター准教授。弥生時代を中心とした東アジアの青銅器が専門。
小川 秀樹(オガワ ヒデキ)
1962年 北九州市生まれ。立正大学文学部史学科卒業。1989年より行橋市教育委員会において文化財保護行政に従事し、行橋市歴史資料館の開設、御所ヶ谷神籠石や椿市廃寺の発掘調査、福原長者原官衙遺跡の保存事業などに携わる。現在、行橋市教育委員会 文化課参事。
井浦 一(イウラ ハジメ)
1995年別府大学文学部史学科卒業。1995年福間町教育委員会に入庁(2005年町合併により福津市教育委員会)、現在、福津市教育委員会教育部文化財課史跡整備係長、国指定史跡津屋崎古墳群の発掘調査と保存整備に従事し、古墳を研究している。