喉健やか「発声体操」で、健康維持 元NHKアナウンサーが教える
  • 教室・オンライン同時開催

  • 宮本隆治アナウンサー
  • 2022年10月19日発売/最新書籍
  • 宮本 隆治(アナウンサー)
講師詳細

「喉の老化」は40代から始まっています。 飲食物や唾液が気管や肺に入ってしまう「誤嚥」は加齢に伴い「嚙む」「飲み込む」時に必要な筋力が衰えているのです。近ごろよくむせる、咳き込む・・・。こんな心当たりのある人は「のど力低下」のサイン。本講演では、元NHKアナウンサーの宮本隆治さんが帰省時に経験した、96歳の父親のエピソードを交え、声がうまく出せなくなる、声のかすれをどう克服したのかを分かりやすくお伝えし、声を出して実践し、健康につなげる方法をご紹介します。
気管に入りこんでしまった食べ物を排出できず、結果として肺炎を起こす、そんな重大事項に繫がらないよう、早めに対策しましょう。

〔申込みについて〕
※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に550円(税込)を加えた金額で承ります。

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline003@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・録画やダウンロード、スクリーンショット、第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline003@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに、メールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline003@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。

日程
2022/12/4
曜日・時間
第1 日曜 11:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,740円
教材費(税込)
-
設備費(税込)
220円
持ち物など
持参品:筆記用具


※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

宮本 隆治(ミヤモト リュウジ)
1950年生まれ。福岡県北九州市出身。
慶應義塾大学文学部卒業後、1973年NHK入局。「NHK歌謡コンザート」「思い出メロディー」「NHKのど自慢」「土曜スタジオパーク」等、数々の名物番組を担当。「紅白歌合戦」では、1995年から6年間連続総合司会を務める。同局エグゼクティブアナウンサーを経て、2007年4月、フリーアナウンサーに。2009年11月には「天皇陛下御在位二十年記念式典、並びに国民祭典」の司会、2019年4月には「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」の司会を務めた。2020年1月に「 教えて!宮本さん 日本人が無意識に使う日本語が不思議すぎる!外国人目線で再発見したすごい日本 」(サンマーク出版)を出版した。美しい日本語を話すこと、美しい日本語を残すことを人生の使命としている。