令和という元号-暦法のしくみ

  • 関 一敏(九州大学名誉教授)
講師詳細

元号があらたまり「令和の時代」に入りました。マスコミでは、天皇の退位と即位、平成の回顧と反省等、さまざまなニュースと論議が伝えられています。でもそもそも、元号とは何であり、そのしくみと働きはどのようなものなのか。これを機に、元号についての基礎知識を学びながら、西暦をふくめた暦法そのものについて一歩ふみこんで考えてみましょう。(講師・記)

お申し込み
日程
2019/8/9
曜日・時間
第2 金曜 10:00~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,592円 一般 2,916円
設備費(税込)
108円
持ち物など
【持ち物など】 筆記用具

※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

関 一敏(セキ カズトシ)
1949年神奈川県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程、パリ大学Ⅳ博士課程修了。
筑波大学助教授、九州大学教授を経て現在九州大学名誉教授。福岡市史編集委員。
NPO法人ウェルビーイング附属研究所主席研究員。