• トライアル可

「和泉式部日記」を読む

  • 工藤重矩講師
  • 工藤 重矩(福岡教育大学名誉教授)
講師詳細

和泉式部は紫式部と同時代に生きた女流歌人です。夫橘道貞との離別、為尊親王との恋と死、その弟敦道親王との恋と死、藤原保昌との再婚と離別。その波乱の人生で最も幸に満ち華やかでもあった、敦道親王との出会い(1003夏)から宮邸に迎えられるまでの半年余りが『和泉式部日記』に語られています。世間からは非難されることもあった和泉式部の恋と和歌を、敦道親王以外の男女関係をも見ながら読んでいきます。

*原文付のテキストを各自用意してください。どの注釈書でもかまいません。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/4/1, 4/15, 5/6, 5/20, 6/3, 6/17
曜日・時間
第1・第3 木曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,840円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
テキスト:原文付のテキストを各自用意してください。
講師のおすすめは、<角川ソフィア文庫 「和泉式部日記(現代語訳付き)」(近藤みゆき:訳注)>です。ただし、角川文庫でなくても原文があれば他の注釈書など、お持ちのものでかまいません。

※設備費は、教室維持費です。
その他
受講料は3ヵ月一括前納が原則となっております。
継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

講師詳細

工藤 重矩(クドウ シゲノリ)
昭和21年生れ。九州大学大学院修了。福岡教育大学名誉教授。博士(文学)。著書に『金葉和歌集詞花和歌集』(詞花集担当 岩波書店)、『平安朝律令社会の文学』(ぺりかん社)、『平安朝和歌漢詩文新考』(風間書房)、『源氏物語の婚姻と和歌解釈』(風間書房)、『平安朝文学と儒教の文学観』(笠間書院)、『源氏物語の結婚』(中公新書)など。