• 見学可
  • トライアル可

工芸染色 伝統の美と技を学ぶ

  • 芳賀 信幸(絞り染め作家)
講師詳細

絞りと藍を中心に、色々な技法や染料でストールなどの小物からタペストリー作品まで、染めの魅力を学んでいきます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

※コロナウイルス感染拡大予防の為、4,5月に予定していた4/23,5/28(木)は休講。
振替未定の為、1/1(金),1/2(土)はダミー日程です。(4/13改)(5/15追記)

日程
2020/6/25, 1/1, 1/2
曜日・時間
第4 木曜 13:00~16:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
教材費(税込)
教材費 990円
設備費(税込)
330円
持ち物など
【持ち物など】 汚れてもよい服装、エプロン、ゴム手袋、筆記用具、タオル、針、糸
※ 材料(染料・布)代は含まれていません。
※ 材料代は直接先生へお支払い下さい。
  作る物にもよりますが、1,000円 ~ 2,000円程度 必要です。


※設備費は、教室維持費です。
その他
受講料は3ヵ月一括前納が原則となっております。
継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

講師詳細

芳賀 信幸(ヨシガ ノブユキ)
1953年大分県宇佐市に生まれ。1972年京都で染色の仕事に出合い西陣織の帯を染める工房に弟子入りする。1980年独立。絞り、草木染、藍染、絞り染めの研究を独学で始める。有松の絞りコンテストで金賞を受け、以後絞り染め作家として活動する。自然と共同した染めをしたい思いから1988年洛北、広河原に藍染工房を築く。2009年宇佐市院内町北山にギャラリーと工房を開く。2010年宇佐市に帰郷。現代工芸展(現代工芸賞)、現代工芸九州会展(大分県知事賞)、その他大分県美展、大分市美展、宇佐市美展、個展など多数。
日本現代工芸美術作家協会本会員、日展会友、宇佐市美術協会副会長、大分県美術協会会員