• 見学可
  • トライアル可

古楽でアンサンブル 親しみやすいルネサンス、バロック音楽を歌ってみませんか

  • 中原智子講師
  • 中原 智子(声楽家)
講師詳細

ミラノで歌を学び、音楽を通して地域の方と交流してきた歌手が、バロック時代の家庭で楽しまれていた合唱曲(時には楽器も一緒に)を通してアンサンブルの楽しさを伝えます。


この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2020/1/7, 1/21, 2/4, 2/18, 3/3, 3/17
曜日・時間
第1・第3 火曜 15:00~16:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 14,520円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
持参品:筆記用具

※設備費は、教室維持費です。
その他
受講料は3ヵ月一括前納が原則となっております。
継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

講師詳細

中原 智子(ナカハラ トモコ)
武庫川女子大学音楽学部声楽学科及び同専攻科修了。1997年渡伊、奨学生としてミラノ市立音楽院、ローディ市立音楽院において学ぶ。ディエゴ・フラテッリ、ロベルト・ジーニ、マーラ・ガラッシ、ケース・ブッケ、ダニエレ・ブラジェッティの各氏に師事し、中世、ルネッサンス、バロック音楽の研鑽を積む。ミラノ市立音楽院ルネッサンスポリフォニー科修士課程を最高点でディプロマを得て修了、ローディ市立音楽院17世紀イタリア声楽音楽研究科を最高点でディプロマを得て修了、併せて栄誉賞を得る。これまで声楽を恵智文子、故アンドレア・バランドーニ、故中山悌一、バロック声楽をクロディーン・アンセルメ各氏に師事。ミラノロータリー財団声楽コンクール古楽部門一位入賞。古楽アンサンブルメンバーとして、マリオ・ヴァルセッキ、フラディオ・コルッソ各氏等とコンサート、録音活動を行う他、ミラノ・トリオ音楽祭「MITO」やアルメンノ音楽祭「In Tempore Organi」、スイスの音楽祭「L'orgue italien」等にソリストとして出演。また、リュート、バロックハープとのデュオコンサートも多く好評を博す。