明智光秀の実像

  • 本郷 和人(東京大学史料編纂所教授)
講師詳細

 歴史資料には精度の高いものと、そうではないものが混在します。例外はありますが、ある人物が活躍した時期から隔たってまとめられたものは、あまりあてになりません。明智光秀といえば本能寺の変ですが、彼が何を考えて織田信長を討ったのか。信長に虐待を受けていた、などの話はみな江戸時代に創作されたもので、面白くはあるのですが、信頼することはできません。
 もう一つ、歴史の解釈は、不自然ではいけません。まあそうだろうな、と誰もが思うものであることが望ましい。そうすると、たとえば黒幕説のようなムリやりな解釈はいかがなものか、と疑問を呈さざるを得ない。
 この講座は、確実な資料をもとに、光秀を探っていくものです。彼は実は生まれも育ちも、はっきりしません。ただ、いくつかの確実な資料の点と点をつなぐことで、おおよそのことが分かってきました。それから何といっても本能寺。これについても、はっきりいって、今までの説がすべてひっくり返るほどの資料が発見されたのです!(残念なことに、ぼくが見つけたのではありませんが・・・)。それをご紹介しながら、大河ドラマの主人公である明智光秀の生涯に迫っていきましょう。(講師・記)

〔申込みについて〕
※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に500円(税別)を加えた金額で承ります。

この講座は終了しました
日程
2020/11/21
曜日・時間
土曜 13:00~16:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,380円 一般 7,480円
設備費(税込)
220円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

本郷 和人(ホンゴウ カズト)
1960年東京の下町に生まれ、下町に育つ。83年東京大学文学部卒業。86年、東京大学大学院人文科学科修士課程修了。88年東京大学大学院人文科学科博士課程単位取得。子どもの頃から歴史物語が大好き。いつの間にかそれが仕事になっていた。同業者で美人の妻(本郷恵子さん)との間に一男(タクトくん。ただし指揮者になる予定はない)一猫(黒猫アルトくん。ただし唱わない)あり。著書に『人物を読む日本中世史』(講談社)ほか多数。