平成のことばとグローバル化社会 「平成」を考える

  • 稲田俊明講師
  • 稲田 俊明(九州大学名誉教授)
講師詳細

昭和、平成に使われた日本語のことばの意味と用法の変遷について、具体例をあげながら解説します。また、グローバル化した社会で頻繁に検索されて使われている時代を映すことばやネット社会を象徴することばとその背景について興味深い事例を紹介します。ことばには、既存の意味や用法を拡張したり、新しい合成語を生み出す強い生産性がありますが、その仕組みについても探ります。

お申し込み
日程
2019/4/20
曜日・時間
第3週 土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,592円 一般 2,916円
教材費(税込)
-
設備費(税込)
108円
持ち物など
持参品:筆記用具


※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

稲田 俊明(イナダ トシアキ)
1947年長崎県生まれ。東京教育大学文学部、同大学院 (英語学英文学専攻) 終了。九州大学文学部助教授 (英語学英文学講座) 等を経て、同大学院教授 (言語学)。九州大学文学部長、大学院人文科学研究院長、同学府長、長崎大学言語教育研究センター長、同多文化社会学部教授を歴任、放送大学客員教授、日本英語学会会長等を併任。現在、九州大学名誉教授、日本英語学会顧問。