• トライアル可

「万葉集」で辿ることばと心

  • 市瀬 雅之(梅花女子大学教授)
講師詳細

日本最古の和歌集を巻一から辿る「万葉集」講座が、2017年4月にスタートしました。
7世紀後半から8世紀にかけ、中央集権国家が形成される力強さを詠み、日々に暮らす想いを多様な言葉に託して、季節や風景に心を重ねる繊細さをも見せる歌々には、古の智恵と豊かな感性を知ることができます。万葉びとが生きた時代や風土、文化を交えて楽しみながら、じっくり読み進めます。

【講師より】
現代語訳から読みはじめるので、原文も楽に読むことができます。資料は、毎回講師が準備します。一回で内容が完結しているので、途中を休まれても安心です。

※途中からのご受講も歓迎です。

◇一回体験2,808円です。
◇一回体験ご受講後、定期講座にお申込みの場合、入会金が半額(入会金5,400円→2,700円)になります。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/7/27, 8/3, 9/7
曜日・時間
第1週 土曜 10:00~11:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,424円 
持ち物など
持ち物:筆記用具
資料は講師が用意します(無料)
その他
受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<1>をご覧ください。

講師詳細

市瀬 雅之(イチノセ マサユキ)
岐阜県生まれ。名古屋に長く親しみ、中京大学大学院博士課程を修了。
現在は、大阪にある梅花女子大学文化表現学部教授。
美夫君志会常任理事等の学会活動に務める。
【著書】
『大伴家持論―文学と氏族伝統―』おうふう刊
『東海の万葉歌』おうふう刊(共著)
『万葉集編纂論』おうふう刊
『万葉集編纂構想論』笠間書院刊(共著)ほか。
詳しくは、講師ホームページ「万葉考房」をご覧ください。
http://www.baika.ac.jp/~ichinose/index.html