□【教室受講】俳句の鬼 西東三鬼
  • 教室開催

  • 木村 和也(現代俳句協会会員)
講師詳細

 本当の意味での現代俳句は、西東三鬼に始まると言っていいかもしれません。無季俳句など俳句の領域を革新的に開拓しただけでなく、俳句に文学としての命を注入し、伝統派、前衛派をも包括して俳句精神を貫いた彼の作品は、俳句の歴史を大きく転換させました。
 時代と社会に敏感過ぎるほど敏感でありながら、それらに侵されない人間の本質、実存ともいうべきものを追求した三鬼の生涯と俳句の魅力をあまさず渉猟します。


こちらは川西教室での教室授業です。
オンライン受講は別ページからお申し込みください。

<カリキュラム>
1月8日 俳人西東三鬼の出現
2月5日  戦後の三鬼 句集『夜の桃』を中心に 
3月5日  俳諧童子三鬼の『変身』 

お申し込み

注意事項

教室受講を承ります。オンライン受講は別ページよりお申込みください
【教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。】

日程
2022/1/8, 2/5, 3/5
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 一般 9,900円
設備費(税込)
330円
持ち物など
持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。

※設備費は、教室維持費です。
その他
受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。

★1月は第2土曜です★

講師詳細

木村 和也(キムラ カズヤ)
中学校時代から俳句を作る。「南風」を経て「船団」に所属。2009年句集『新鬼』を上梓。2012年船団賞受賞。2017年俳句とエッセー『水の容』を上梓。大阪府立池田高等学校校長、秀明大学教育研究所教授、大阪人間科学大学特任教授を経て、現在、現代俳句協会会員、大阪俳句史研究会理事。