【教室受講】イギリス史の食卓
  • 教室開催

  • 指 昭博(神戸市外国語大学名誉教授)
講師詳細

「イギリスはまずい」と言われたのは昔の話。今では、菓子をはじめイギリスの食べ物は注目の的です。しかし、アフタヌーンティばかりがイギリスの食文化ではありません。庶民の「食」にもイギリスの歴史が刻み込まれていますし、イギリスの国民性も見え隠れします。イギリス人がこだわってきた食材、社会問題になった飲酒、大英帝国との深い結びつき、などからイギリスならではの食習慣をひもときます。

【10月】イギリス人がこだわった肉と酒
【11月】大英帝国がもたらした食
【12月】イギリスの食習慣

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリット講座として行います。
※こちらは川西教室で行う教室授業の申し込みページです。オンライン版の申し込みは別ページからお願いします。
https://www.asahiculture.jp/course/kawanishi/a2337bae-7b3e-3bdd-1f02-610390d5cd12

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリット講座として行います(講師は教室)。
・教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2021/10/20, 11/17, 12/15
曜日・時間
第3週 水曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,220円
設備費(税込)
330円
持ち物など
持ち物:筆記用具 
※資料をお配りする場合、実費をいただきます。(1枚20円)
※設備費は、教室維持費です。
その他
受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<1>をご覧ください。
◆録音、録画、撮影は固くお断りします。

講師詳細

指 昭博(サシ アキヒロ)
1957年生。大阪大学卒業後、同大学院博士課程中退。文学博士。チューダー朝を中心とする近世イングランド、近代イギリスにおけるナショナル・アイデンティティ形成と歴史意識や宗教との関わりを研究。主な著書に『図説 イギリスの歴史』(河出書房新社)、『イギリス宗教改革の光と影-メアリとエリザベスの時代』(ミネルヴァ書房)、編著に『王はいかに受け入れられたか-政治文化のイギリス史』(刀水書房)、共編著に『周縁からのまなざし もうひとつのイギリス近代』(山川出版社)など。