練り香をつくる1日 (泉山御流宗家嫡承 西際重誉)

  • 西際 重誉(泉山御流 宗家嫡承)
  • 山地 寿香(泉山御流 師範)
講師詳細

古来、練香は自家製でした。作り方によって香りが異なり、独自の香りを自慢したものです。
今年は定番は「菊花」、干支は丑年「得牛」です。
天然香料の材料だけを使って、あなただけの最高の香りを作ってください。(定期講座と併設・材料費約2,750円)

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました
日程
2020/12/5
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,530円 一般 2,530円
持ち物など
持ち物:乳鉢(直径約12cm)、ねり棒(乳棒)、スプーン、エプロン、おろしがね(出来れば金属製又はセラミック)、古新聞2枚、小さいパック(出来上がった練香を入れます)
※乳鉢、ねり棒をお持ちでない方は受付にてご予約ください(当日教室にて販売:約1000円)
※乳鉢は男性用のお茶碗並の大きさのものが必要です。
※材料費2,750円(当日教室にてお支払いください)
その他
受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開2>をご覧ください。

講師詳細

西際 重誉(ニシギワ ジョウヨ)
香道泉山御流宗家嫡承(後継者)。幼少より父、宗家好誉に師事。現在、師範育成の傍ら、香道教室で講師として活躍中。
山地 寿香(ヤマジ ジュコウ)
源氏物語の「六種の薫物」を香りたい、海外に日本文化を紹介したいという思いから香道に携わり約20年。大阪の坐摩神社を中心にカルチャーセンターなど数ヵ所で講師を務めている。