【教室受講】平安人の心で『源氏物語』を読む 『源氏物語』と紫式部の和歌
  • 教室開催

  • 山本 淳子(京都先端科学大学教授)
講師詳細

『源氏物語』には795首もの和歌が散りばめられています。それらは物語の様々な場面で、光源氏をはじめ登場人物たちが詠んだものとして登場しますが、もちろん実際に創作したのは作者の紫式部です。そして『源氏物語』の和歌の中には、紫式部が実生活で詠んだ和歌とことばや状況が関連するものも見受けられます。講座では『源氏物語』の和歌から名作や珍作を紹介し、物語の状況と合わせて解説します。また、紫式部の実生活の和歌とも照らし合わせ、紫式部にとっての和歌と物語について考えます。

※こちらは川西教室で行う教室授業の申し込みページです。オンライン版の申し込みは別ページからお願いします。https://www.asahiculture.jp/course/kawanishi/50539fac-b911-6810-2c69-608779349f28

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリット講座として行います。
※教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はございません。予めご了承ください。

日程
2021/9/3
曜日・時間
金曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:筆記用具
※資料をお配りする場合、実費をいただきます。(1枚20円)
※設備費は、教室維持費です。
その他
受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。

講師詳細

山本 淳子(ヤマモト ジュンコ)
1960年、金沢市生まれ。京都大学文学部卒業。石川県立図書館加能史料編纂室室員・石川県立金沢辰巳丘高校教諭を経て、1999年、京都大学大学院人間・環境学研究科修了。博士(人間・環境学)。現在、京都学園大学人文学部教授。「源氏物語の時代」(朝日新聞社)で第29回サントリー学芸賞を受賞。そのほかの著書に「紫式部日記と王朝貴族社会」(和泉書院)「私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り」(角川学芸出版)などがある。