承久の乱と北条義時・政子
  • 教室開催

  • 講師写真
  • 講師著書
  • 北条政子
  • 野口 実(京都女子大学名誉教授)
講師詳細

今年は、朝廷と幕府の立場が逆転する契機になった承久の乱から800年目にあたります。この事件は政治のみならず社会的にも大きな変化をもたらしました。このとき幕府を率いていたのは尼将軍北条政子とその弟で執権をつとめる義時でした。2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも中心人物となる二人の動向を見ながら乱の経過を追ってみたいと思います

お申し込み
日程
2021/11/6
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 3,850円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:筆記用具
資料をお配りする場合、実費をいただきます。(1枚20円)

※設備費は、教室維持費です。
その他
受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<新設・公開1>をご覧ください。

講師詳細

野口 実(ノグチ ミノル)
のぐち みのる 千葉市出身。青山学院大学大学院修了。文学博士。京都女子大学名誉教授。著書に『列島を翔ける平安武士』(吉川弘文館)、『武士の棟梁の条件』(中公新書)、『東国武士と京都』(同成社)ほか多数。