今まで知らなかった「書」のあれこれ  漢字の筆使い
  • 教室開催

  • 講師作品
  • 奥田 一瓢(書道家)

「書」に関する説明を聞いてから実技に移ります。「書」を客観的に考え、理解が深まれば、手本の見方も変わり、意図的に書くことができます。さらに文字の見方、捉え方がしっかりすれば手ごたえのある文字が書けるようになります。新たな側面から書道を見直してみましょう。今回のテーマは「漢字の筆使い」。字の形はお手本を見ればわかりますが、筆使いは書いているところを見なければわかりません。講座では筆の使い方を理論的に考え、書いているところを見て習得していきます。筆の使い方が変われば線質が変わり、同じ字の形であっても趣きが全く違ってきます。
作品を大きく変えるチャンスに参加してみませんか。

お申し込み
日程
2022/9/10
曜日・時間
第2週 土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,630円 一般 3,960円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:太筆、墨(墨汁、固形墨どちらでも)、下敷き
※教材費(素材・紙類など)は受講料に含まれていますが、別途資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
※硯、文鎮、水滴は教室に備えてあります。

※設備費は、教室維持費です。