【教室受講】俳句表現史と俳人たちⅡ
  • 教室開催

  • 木村 和也(現代俳句協会会員)
講師詳細

「俳句表現史」とは、俳壇の歴史でも、ましてや俳句結社の歴史でもありません。俳句の文芸としての表現の歴史です。俳句で何を詠むのか。どのように詠むのか。俳句でしか表現できないものとは何か。俳句表現の歴史は、幾人かの意識的な俳人たちの果敢な挑戦によってつくられてきました。本講座では、これからの新時代の俳句を模索するためにも、俳句表現の歴史をつくった俳人たちの仕事をつぶさに見て行きます。

こちらは川西教室での教室授業です。
オンライン受講は別ページからお申し込みください。

<カリキュラム>
①7月2日 こころの俳句(荻原井泉水、種田山頭火、尾崎放哉)
②8月6日 新しい抒情世界(芝不器男、川端茅舎)
③9月3日 異次元の世界に挑む(摂津幸彦、永田耕衣) 

お申し込み

注意事項

教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→【https://www.asahiculture.jp/course/kawanishi/b15e1807-cbdf-8cc0-3943-625a3bbf3866
【教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。】

日程
2022/7/2, 8/6, 9/3
曜日・時間
第1週 土曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 一般 9,900円
設備費(税込)
330円
持ち物など
持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。

※設備費は、教室維持費です。
その他

講師詳細

木村 和也(キムラ カズヤ)
中学校時代から俳句を作る。「南風」を経て「船団」に所属。2009年句集『新鬼』を上梓。2012年船団賞受賞。2017年俳句とエッセー『水の容』を上梓。大阪府立池田高等学校校長、秀明大学教育研究所教授、大阪人間科学大学特任教授を経て、現在、現代俳句協会会員、大阪俳句史研究会理事。