今まで知らなかった「書」のあれこれ   楷書を究める

  • 講師作品
  • 奥田 一瓢(書道家)

「書」に関する説明を聞いてから実技に移ります。「書」を客観的に考え、理解が深まれば、手本の見方も変わり、意図的に書くことができます。さらに文字の見方、捉え方がしっかりすれば手ごたえのある文字が書けるようになります。新たな側面から書道を見直してみましょう。今回は「楷書を究(きわ)める」がテーマです。楷書は漢字を学ぶ最も基本となる書体です。楷書を学ぶことは他の書体を書く場合にも役立ちます。古典を踏まえ筆使いや点画の長短、粗密、方向など文字の組み立て方を考え、楷書の書き方を究めてみましょう。

お申し込み
日程
2021/3/13
曜日・時間
第2週 土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 3,740円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:書道用具、筆記用具
※教材費は受講料に含まれていますが、別途資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。
※硯、文鎮、水滴は教室に備えてあります。

※設備費は、教室維持費です。