旧約聖書を読む 十戒のメッセージ

  • 飯講師
  • 飯 謙(神戸女学院大学教授・院長)
講師詳細

旧約聖書の「十戒」は、映画を通して、また欧米の倫理観形成に重要な役割を果たしたことで、たいへんよく知られています。しかしその背景となる出来事や思想には、意外に注意を払われてきませんでした。十戒は、旧約において、単体ではなく、奴隷の解放を語るエジプト脱出物語の文脈に位置づけられています。旧約の執筆者は、何を伝えようとしたのでしょうか。原典のテクストから、オリジナルの意味と現代への教訓を考えたいと思います。

お申し込み
日程
2019/9/14
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,916円 一般 3,240円
持ち物など
持ち物:筆記具、お持ちの方は旧約聖書(新共同訳が望ましい)
※資料をお配りする場合、実費をいただきます。(1枚20円)
その他
受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開2>をご覧ください。

講師詳細

飯 謙(イイ ケン)
1955年生。同志社大学大学院、スイス・バーゼル大学神学部に学ぶ。1983年神戸女学院大学に奉職し、現在に至る。著書『旧約詩篇の文献学的研究』(新教出版社)、『聖書 語りの風景』(キリスト新聞社)他。