【教室受講】風刺画のイギリス史
  • 教室開催

  • ナポレオンのエルバ島への追放(エッチング 1814年イギリス)
  • 指 昭博(神戸市外国語大学名誉教授)
講師詳細

イギリスの風刺画は、そのときどきの世相をよく反映しています。その批判の矛先は社会や風俗ばかりではなく、政治や国王にも容赦なく向けられました。講座では、18~19世紀を中心に風刺画を読み解き、時代の諸相や歴史的背景を明らかにします。

【7月】ホガースの時代
【8月】ギルレイとローランドソン:対仏戦争期の風刺画
【9月】ヴィクトリア時代の風刺画

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリット講座として行います。
※こちらは川西教室で行う教室授業の申し込み画面です。

お申し込み

注意事項

※こちらは川西教室で行う教室授業のお申し込みです。
※オンライン受講をご希望の場合は、別画面からお申し込みください。
※教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はございません。予めご了承ください。
※オンライン受講をご希望の場合は、こちらのリンク先からお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/kawanishi/dac31eec-8b89-1e70-dee3-62665e011542

日程
2022/7/20, 8/17, 9/21
曜日・時間
第3週 水曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,220円
設備費(税込)
330円
持ち物など
持ち物:筆記用具 
※資料をお配りする場合、実費をいただきます。(1枚20円)
※設備費は、教室維持費です。
その他
◆録音、録画、撮影は固くお断りします。

講師詳細

指 昭博(サシ アキヒロ)
1957年生。大阪大学卒業後、同大学院博士課程中退。文学博士。チューダー朝を中心とする近世イングランド、近代イギリスにおけるナショナル・アイデンティティ形成と歴史意識や宗教との関わりを研究。主な著書に『図説 イギリスの歴史』(河出書房新社)、『イギリス宗教改革の光と影-メアリとエリザベスの時代』(ミネルヴァ書房)、編著に『王はいかに受け入れられたか-政治文化のイギリス史』(刀水書房)、共編著に『周縁からのまなざし もうひとつのイギリス近代』(山川出版社)など。