むせるって、大丈夫? 肺炎・窒息を防ぐ「のど」のトレーニング

  • 浦長瀬 昌宏(神鋼記念病院耳鼻咽喉科科長)
講師詳細

いま、飲み込む力が衰えることが原因で、誤嚥性肺炎や窒息事故が激増しています。しかし、その予防策はほとんど行われていません。残念ながら、食べ物にとろみをつけたり、歌を歌ったりするだけでは改善しません。飲み込む力を高めるためには、できるだけ早いうちから、のどを積極的に動かして鍛えなくてはなりません。この講座では、耳鼻咽喉科専門医が、人がどのように飲み込んでいるかをわかりやすく説明し、飲み込む力を改善するトレーニングのコツを伝授します。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました
日程
2021/3/20
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,410円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:筆記用具、ペットボトルの水(500ml程度)※教室の外に自動販売機もございます。
教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます。(1枚20円)
その他
受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<公開1>をご覧ください。

講師詳細

浦長瀬 昌宏(ウラナガセ アツヒロ)
1972年生。神戸大学医学部医学科、神戸大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科頭頸部外科学分野卒。専門は鼻治療と嚥下障害の予防。