【オンライン受講】俳句のための文法レッスン オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 木村 和也(現代俳句協会会員)
講師詳細

短歌や俳句の文体には、口語と文語があります。俳句においては、今なお文語が主流です。にもかかわらず、文語文法を正しく理解することに熱心な人は多いとは言えません。昔学校で学んだ、あるいは普段から俳句で接している、それだけでは限界があります。俳句を正しく鑑賞し味わうためには、また、実作において正確な表現を目指すためには正しい文法の運用知識が必要です。平安時代の文語とは違った、現代の文語表現の特質を踏まえながら、特に間違いやすい文法、切れ字などの俳句特有の文法を中心に、実際の名句秀句の鑑賞を通じて、わかりやすく解説します。

<カリキュラム>
①10月1日 動詞(「来(き)ぬ」と「来(こ)ぬ」など)を中心に
②11月5日 助動詞(「き」「けり」など)を中心に
③12月3日 助詞と切れ字 

※こちらはオンライン受講の申し込みページです。
川西教室にてご受講いただく場合は、こちらのリンクからお申し込みください → 【https://www.asahiculture.jp/course/kawanishi/a017560d-5ec3-45e4-b5ac-62d0cc486ebe

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline007@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります。(開講日3日前まで)。キャンセルは4日前までです(キャンセル手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline007@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoom【ウェビナー】を使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline007@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

※こちらはオンライン受講の申し込みページです。川西教室でのご受講の場合はこちらよりお申込みください→【https://www.asahiculture.jp/course/kawanishi/a017560d-5ec3-45e4-b5ac-62d0cc486ebe

日程
2022/10/1, 11/5, 12/3
曜日・時間
第1週 土曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 一般 10,230円

講師詳細

木村 和也(キムラ カズヤ)
中学校時代から俳句を作る。「南風」を経て「船団」に所属。2009年句集『新鬼』を上梓。2012年船団賞受賞。2017年俳句とエッセー『水の容』を上梓。大阪府立池田高等学校校長、秀明大学教育研究所教授、大阪人間科学大学特任教授を経て、現在、現代俳句協会会員、大阪俳句史研究会理事。