【オンライン受講】『小右記』で読み解く平安貴族社会の日常 源氏物語の時代
  • 教室・オンライン同時開催

  • 野口 孝子(公益財団法人古代学協会客員研究員)
講師詳細

藤原道長の『御堂関白記』(ユネスコ世界遺産)と小野宮実資の『小右記』は、『源氏物語』の時代の平安貴族社会を記した一級の日記史料です。特に『小右記』は、年中行事や政治はもちろん、左大臣道長、中宮彰子などのよく知られた人物の動勢も詳細に記し、平安貴族たちの日常を知る上に欠かせないものです。 記主の実資は、道長より約10歳年上、有能な上に有職故実に秀で道長のよき相談相手ですが、時として道長の横暴にじわっと怒りを露わにする。かと思えば、娘を「かぐやひめ」と呼んで、親ばかぶりをも発揮する。
 原文は、和製漢文体で書かれていますが、一般の解説書とは異なり、何気ない一字一句に新鮮な臨場感が溢れています。原文を読み解くことで、歴史の機微を感じてみましょう。

(1)1月20日 藤原道長政界のトップに立つ ―中関白家の没落と疫病―
(2)2月17日 中宮彰子と紫式部と藤原実資  ―三人の蜜月―
(3)3月17日 怨霊になった左大臣        ―いじめられっ子の反逆―
           
 
ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。あらかじめご了承ください。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline004@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日2日前まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline004@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline004@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座はアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。
・教室受講をご希望の場合は、こちらのリンク先からお申し込みください。→【https://www.asahiculture.jp/course/kawanishi/7d6e5da8-ca25-8f9b-671a-634cea62b073

日程
2023/1/20, 2/17, 3/17
曜日・時間
第3週 金曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,570円 一般 10,890円
設備費(税込)
-

講師詳細

野口 孝子(ノグチ タカコ)
早稲田大学卒。鹿児島大学大学院修了。専門は日本古代史。平安時代の邸宅相続や里内裏が主な研究テーマ。近年、平安時代の夜化に注目し「夜」の視点で平安京を見直している。2019年度まで同志社女子大学講師。