【教室受講】貝塚の考古学
  • 教室開催

  • 写真提供:千葉市立加曽利貝塚博物館
  • 大野講師
  • 大野 薫(立命館大学文学部非常勤講師)
講師詳細

縄文時代はかつて「貝塚時代」とも呼ばれていました。それほどまでに貝塚は縄文時代を代表する縄文人の遺産であり、貝塚研究の歩みは縄文時代研究の歩みそのものでもありました。本講座では全国各地の貝塚をとりあげ、貝塚と縄文人との深い関係を探っていきます。

こちらは川西教室での教室授業です。
オンライン受講は別ページからお申し込みください。

1月25日 貝塚とは何か?
2月22日 貝塚と縄文時代の生業
3月22日 貝塚と縄文時代の集落・墓地

この講座は終了しました

注意事項

教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→【https://www.asahiculture.jp/course/kawanishi/cc0a7ced-f576-4425-a373-6170f47b2ce7
【教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。】

日程
2022/1/25, 2/22, 3/22
曜日・時間
第4週 火曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,920円 一般 8,910円
設備費(税込)
330円
持ち物など
持ち物:筆記用具 教材として資料をお配りする場合、実費をいただきます(1枚20円)。

※設備費は、教室維持費です。
その他
受付窓口でお手続きされる方は、ちらし<新設・公開>をご覧ください。

講師詳細

大野 薫(オオノ カオル)
1953年生。大阪市立大学卒業後、大阪府教育委員会・大阪府立狭山池博物館をへて、現在、立命館大学文学部講師。西日本の土偶の系統や、型式変化を研究しています。