• トライアル可

日韓の小説にみる愛と暴力 村上春樹VSハン・ガン・

  • 岡野 進(元九州大学言語文化研究院教授)

 ノーベル賞に近いとされる日韓の作家の代表作を読みます。一人はノーベル賞万年候補と揶揄されることが多い、泣く子も黙る村上春樹。もう一人は、『菜食主義者』で、ノーベル賞の登竜門と言われるブッカー賞をアジア人で初めて受賞した、韓国の作家、ハン・ガン。二人が描く「愛」と「暴力」に着目しながら読み進めます。
2020年はアジアからノーベル文学賞の受賞者が出ることが予想されています。村上春樹VSハン・ガン。さあ、獲るのはどっちだ!

1)4月4日 ハン・ガン『菜食主義者』
2)6月6日    〃
3)6月20日   〃
4)7月4日 春樹『海辺のカフカ』
5)7月18日   〃
6)8月1日     〃
7)8月29日   ハン・ガン『ギリシャ語の時間』
8)9月5日    〃

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

2/29,3/7「村上春樹の世界」休講 →6/6,6/20 振替(内容は「日韓の小説にみる愛と暴力」)

日程
2020/4/4, 7/4, 7/18, 8/1, 8/29, 9/5
曜日・時間
第1・第3 土曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,180円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。
その他
※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。