鉄道150年【教室受講】 夢と暮らしを運んだ福岡の鉄路 長距離列車の軌跡
  • 教室開催

  • 福岡共同公文書館所蔵
  • 渡部 邦昭(九州歴史資料館学芸員)
講師詳細

 日本の鉄道は今年、開業から150周年を迎えました。多くの人々の暮らしや希望を運んできた鉄道の歴史を、全国有数の鉄道雄県たる福岡県の視点から学んでいきます。県内鉄道網の成り立ちや、各地に残る鉄道遺産、かつて見られた軽便鉄道・軌道の姿、多くの県民が夢見た幻の鉄道計画、そして列車ダイヤの変遷・・・。150年の歴史が織りなす鉄道史の世界を、国内全線完乗の経験を持つ研究者がご案内します。

12月15日 長距離列車の軌跡~夢の超特急をめざして~

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

オンライン受講の方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/fukuoka/a0d4b3ed-4112-a0e6-102a-62f21d305432

日程
2022/12/15
曜日・時間
第3 木曜 14:30~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,630円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

渡部 邦昭(ワタベ クニアキ)
昭和62年北海道札幌市生まれ。平成21年、北海道大学文学部卒業。平成23年、北海道大学大学院文学研究科修了。修士(文学)。平成23年、福岡県教育庁に入庁し、九州歴史資料館学芸員となる。専門は日本近代史。研究テーマは福岡県の交通史や行政史、軍事史。著作は『みやま市史 通史編 下巻』(共著)など。鉄道史に関する講演を多数行っているほか、平成29年には国内全線を完乗。