はじめての村上春樹

  • 岡野 進(元九州大学言語文化研究院教授)

 難解な作品を書くことでとても有名な村上春樹をはじめて読む方のための講座です。初期の短編を集めた『中国行きのスロウ・ボート』という短編集を読みます。発表されてから約40年経過しても今なお瑞々しい魅力を失わない、素晴らしい短編集です。村上春樹の作品とJazzは深く結びついていますので、Jazzの歴史的な名演奏を楽しみながら、作品を読んでいきます。
 テキストは『中国行きのスロウ・ボート』(中公文庫)、『螢・納屋を焼く・その他の短編』 (新潮文庫)
 ストーリーは担当講師が話しますので読んでくる必要はありません。事前に読んであれば講義がいっそう楽しくなることは言うまでもありません。
1)10月5日村上春樹の人と作品
2)11月2日『中国行きのスロウ・ボート』
3)12月7日『貧乏な叔母さんの話』・『ニューヨーク炭坑の悲劇』

1月以降
1)2月1日『カンガルー通信』・『午後の最後の芝生』
2)2月29日『土の中の彼女の小さな犬』・『シドニーのグリーン・ストリート』
3)3月7日『蛍』


※1回ずつの受講も可能です。
★継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/5, 11/2, 12/7
曜日・時間
第1週 土曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,260円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。
その他
※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。