• トライアル可

フランス文学へのいざない
  • 教室開催

  • 持田 明子(九州産業大学名誉教授)

 今季はギュスターヴ・フロべールとエミール・ゾラの作品をご一緒に読みたいと思っています。フロベールの『ボヴァリー夫人』、そして、ゾラの『居酒屋』です。大作家の“目”がどのように社会の縮図を描き出しているでしょうか?

★継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/10/4, 11/1, 12/6
曜日・時間
第1 月曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,689円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。


※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。
この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。