協奏曲はお楽しみ!
  • 教室開催

  • 長野 俊樹(福岡教育大学名誉教授)

 今年度の前期3回のつづきです。できれば、もう少し聴いてみましょう。いろいろ取りあげてみると、新たな発見があるかもしれません。音楽史的な内容にも目配りをして、計画してみました。入門的にかじってみる方も歓迎です。

1)10月29日 『19世紀のロマンティックな協奏曲』 
   19世紀は名人芸演奏家がスターとして脚光を浴びはじめた時代です。そのような時代状況を踏まえながら、ひときわロマンティックな協奏曲を聴きましょう。何が「ロマンティック」かの基準は、人によって様々かもしれませんが。
    https://www.asahiculture.jp/course/fukuoka/7c8cd40c-367b-1999-357f-62ece9a1d9f2
        
2)12月10日 『スタートしたころの協奏曲~バロック時代』
   協奏曲が生まれたのは1600年代末、バロック時代中・後期です。その考え方は18世紀後、古典派以降とは違ったものでした。あらためてバロック時代の協奏曲に目を向けることによって、バロック音楽の面白さも見えてくるのではないかと思います。
    https://www.asahiculture.jp/course/fukuoka/c96405a7-42cc-7965-5ca6-632e6d941c83

3) 2月25日 『20世紀の協奏曲をつまみ食いする』
   20世紀以降の音楽は、「前衛音楽」とか「無調音楽」などというキャッチフレーズによって、とかく難しいもの・近寄りがたいものと思われがちです。しかし協奏曲の分野には、以前とかわらず、演奏家のスター性・名人芸性をフィーチャーするという特性があり、それがアプローチの手蔓になると思うのです。

★1回ずつの受講も可能です。各回のリンクをご参照ください。(2月はしばらくお待ちください)

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。

お申込みはお電話092-431-7751で
日程
2022/10/29, 12/10, 2/25
曜日・時間
月1回(偶数月) 土曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,019円 一般 10,329円
設備費(税込)
330円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。

その他
※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に220(税込)円を加えた金額で承ります。
※設備費は、教室維持費です。
この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。