大河ドラマのヒーローたち4(戦国時代篇)映画はどう描いたか? 黒田官兵衛
  • 教室開催

  • 西村 雄一郎(映画評論家)
講師詳細

 日本史に名を刻む人たちは、国難や危機をどのようにして乗り越えてきたのか? なぜそれができたのか? 事件の概要を述べるとともに、テレビドラマや映画を使って比較します。日本史のなかでも、特に人気の高いヒーローに焦点を当て、同じヒーローが作品ごとに、どう描かれているかの違いを検証しながら、その人物の歴史的意義を探ります。歴史と大河ドラマと映画が一遍に学べる講座です。
 今回は、黒田官兵衛をとりあげます。






*変更する場合もあります
●1月 9日【毛利元就】……大河「毛利元就」
●1月23日【大友宗麟】……正月時代劇「大友宗麟」
●1月30日【黒田官兵衛】……大河「黒田官兵衛」
●2月13日【お市の方の三姉妹】……大河「お江」 映画「大坂城物語」「秀頼と千姫」
●2月20日【井伊直政】……大河「おんな城主直虎」映画「切腹」 
●2月27日【関ケ原の武将たち】…大河「葵徳川三代」、TBSドラマ「関ケ原」映画「関ケ原」

お申し込み
日程
2023/1/30
曜日・時間
月曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,003円 一般 3,333円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。
※この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

西村 雄一郎(ニシムラ ユウイチロウ)
佐賀市生まれ。早稲田大学演劇科を卒業後、渡仏し、映画雑誌「キネマ旬報」パリ駐在員。帰国後、映像ディレクター。1985年から古湯映画祭の総合プロデューサーを務め、その功績により佐賀新聞文化奨励賞。川口市の「映像ミュージアム」の総合アドバイザー。佐賀新聞連載コラム「シネマ・トーク」は30年を超え、新聞連載の最長記録を更新中。昨年はモスクワ映画祭から招待され、黒澤明シンポジウムで日本代表として講演を行った。著書は「巨匠たちの映画術」(キネマ旬報社)、「黒澤明と早坂文雄」(筑摩書房)、「ぶれない男 熊井啓」(新潮社)、「黒澤チルドレン」(小学館文庫)など。