時事問題から学ぶ政治入門 (金曜・昼) コロナ対策の国際比較
  • 教室開催

  • 大賀 哲(九州大学大学院法学研究院准教授)
講師詳細

 私たちを取り巻く政治、経済、社会は刻々と変化しています。この講座ではニュースなどで取り上げられる時事問題を題材として、揺れ動く国際関係の中で政治がどのように変化しているのか、それは私たちの生活とどのように関わっているのかを考えていきたいと思います。メディア・リテラシーの観点も取り入れながら新聞記事などの報道記事を検討し、日本とアジア、アメリカを中心とした最新の国際政治の動向を、専門用語をわかりやすく解説しながら読み解いていきたいと思います。

【カリキュラム予定】 
12月 戦後日本とアメリカ-なぜ日米関係は重要なのか?
1月  北朝鮮の核開発―なぜミサイル開発をやめないのか?
2月  中国の軍事力・経済力―中国は脅威か?
3月  歴史認識問題と東アジアの国際関係―なぜ解決が先送りされるのか?

お申し込み
日程
2021/11/12
曜日・時間
第2週 金曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。


※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

大賀 哲(オオガ トオル)
九州大学大学院法学研究院准教授。専門は国際政治学。英エセックス大学博士課程修了(Ph.D.)。神戸大学大学院国際協力研究科助教を経て、2008年より現職。この間、英オックスフォード大学客員研究員、英ケンブリッジ大学客員研究員など。2016年より米コロンビア大学人権研究所客員研究員を兼任。主要著書に『国際社会の意義と限界』(国際書院、2008年)、『東アジアにおける国家と市民社会』(柏書房、2013年)。