ヒマラヤと福岡の山岳観光をフィールドワークする 文化と観光が結びつくとき【オンライン講座】
  • 教室・オンライン同時開催

  • 古川 不可知(九州大学大学院地球社会統合科学府講師)

 コロナ禍の現在、アウトドア活動が再び注目を集めています。本講座では、ヒマラヤ・トレッキングと福岡の登山を取り上げながら、「自然」の中でなされる山岳観光の実践を観察し、現地の文化に及ぼす影響について考えます。
      ◇
 九州大学大学院地球社会統合科学府の提携講座。
 近年、国の政策の一環として、文化資源を観光に活用することが強く求められるようになりました。こうした動きは、地域の文化を見つめ直す契機となり、そのポテンシャルの高さを再発見できるという点などでメリットがあるものの、一方で非常に多くの問題もはらんでいます。また、文化と観光が結びつくのは今に始まったことではなく、近現代の歴史を見つめ直してみても、新たな伝統や歴史語りが誕生する契機ともなっていました。本講座では、文化と観光が結びつくとき、どのような現象や影響があらわれたのかという点に焦点を絞り、実例を素材としてお話ししていきたいと思います。(各講座のタイトルは、いずれも仮題です)

10/1 「西の京山口」の誕生 伊藤幸司(九州大学大学院地球社会統合科学府教授)
11/5 ヒマラヤと福岡の山岳観光をフィールドワークする 古川不可知(九州大学大学院地球社会統合科学府講師)
12/3 ラジオが育てた除夜の鐘 平山昇(神奈川大学国際日本学部准教授)
2023年
 1/7 博多ドンタクの近代史 ―なぜ日程の変更が繰り返されたのか?― 平山昇(神奈川大学国際日本学部准教授)
 2/4 中国の少数民族観光 長谷千代子(九州大学大学院地球社会統合科学府准教授)
 3/4 文化財・遺跡の観光化について 田尻義了(九州大学大学院地球社会統合科学府准教授)

 ★会場は、朝日カルチャーセンター福岡教室です。
 ※九州大学大学院地球社会統合科学府は、2014年に発足してすでに8年が過ぎました。2017年10月から朝日カルチャーセンターとの提携講座を開講しています。

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・受講者全員に、後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送り致します。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

こちらはオンライン受講用の受付になります。教室受講はこちらからお申込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/fukuoka/bc727313-2254-8fee-2eb6-62fdf7d262d3

・本講座はZoom・ウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室の予定)。
開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【fk9asacul@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・受講者全員に、後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送り致します。

日程
2022/11/5
曜日・時間
第1週 土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,080円 一般 3,410円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。