菅原道真の夏
  • 教室開催

  • 東 茂美講師
  • 東 茂美(福岡女学院大学名誉教授)

 暦法が将来されたのは、602年百済僧の手によってだ、といわれています。ここから本邦では、精確な暦日がきざまれていくことになります。とはいえ、春夏秋冬の季節感がたしかに定着するのはずっとあとで、800年代初め頃だったようです。したがって、上代の作品集は四季分類されているものでも、春と秋が主で夏と冬はほんの申し訳ないていど。これは道真の漢詩集も同じです。
ここでは道真の詠じた数少ない夏詩に注目しながら、油照りといわれる京都で暮らす、菅公の夏を垣間見してみましょう。


中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2021/9/13
曜日・時間
月曜 10:00~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,860円 一般 3,630円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。

※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に200(税別)円を加えた金額で承ります。
※設備費は、教室維持費です。