民衆画に学ぶ「インドの神々の物語」 初回公開
  • 教室開催

  • 関 一敏講師
  • 関 一敏(九州大学名誉教授)
講師詳細

 ※「民衆画に学ぶ『インドの神々の物語』」の初回公開講座です。

 ひとことで多神教といっても、日本の神々とインドの神々の世界では死生観・世界観・人生観がまったく異なります。インドの神々は東南アジアや日本にいたる周辺地域に伝播しながら、シヴァ神やヴィシュヌ神を中心にした強烈な個性をもってヒンズー教の歴史を作ってきました。根気のいる道のりですが、民衆画や立像の力をかりて神々の多いインドの歴史の森にわけいってみましょう。講義はスライドを中心に、配布テキストを読むかたちで進めます。

この講座は終了しました
日程
2022/10/11
曜日・時間
第2週・第4週 火曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 3,080円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具


※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

関 一敏(セキ カズトシ)
1949年神奈川県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程、パリ大学Ⅳ博士課程修了。
筑波大学助教授、九州大学教授を経て現在九州大学名誉教授。福岡市史編集委員。
NPO法人ウェルビーイング附属研究所主席研究員。