• トライアル可

ナチ体制とドイツ国民(1) ヒトラー政権の成立まで

  • ブーヘンヴァルト強制収容所
  • 神寶 秀夫講師
  • 神寳 秀夫(九州大学名誉教授)
講師詳細

 ヒトラー政権は500万~580万人もの犠牲者を生んだユダヤ人大量虐殺を引き起こし、7000万~8000万人もの死者を出した第二次世界大戦を主導しました。高度の学術や文化の国家であり、当時最も民主的とされた憲法を制定したヴァイマル共和国において、なぜこうした残虐な独裁体制が生まれたのでしょうか。それを、ヒトラー個人とドイツ国民の諸階層の双方、暴力性と合法性の双方、そして当時の欧米の社会状況から見ていくことにします。
(この講座は7月からの継続講座です。)

【カリキュラム】
1)10月 8日・10月22日 第4章 ナチ党の躍進
2)11月12日・10月26日 第5章 ヒトラー政権の成立(1933年1月30日)への道
3)12月10日・10月24日 第6章 カリスマ・ヒトラーと国民の「熱狂」


★継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/10/8, 10/22, 11/12, 11/26, 12/10, 12/24
曜日・時間
第2・第4 木曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,180円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。


※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

講師詳細

神寳 秀夫(シンポウ ヒデオ)
1948年岡山県生まれ。1977年東北大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。1988-89年ヴュルツブルク大学客員教授(A.v.フンボルト財団奨学研究員)、九州大学大学院人文科学研究院教授。2013年3月退職し、九州大学名誉教授となる。