いっしょに学ぶ考古学の基礎
  • 教室・オンライン同時開催

  • 武末純一講師
  • 須玖楠町遺跡
  • 2地域間の併行関係モデル
  • 武末 純一(春日市奴国の丘歴史資料館名誉館長 福岡大学名誉教授)
講師詳細

 考古学は遺跡を発掘して出てきた資料から考える学問ですが、決して一部の専門家の独占物ではなく、いまや住民研究者の参画なしには進展しません。受講者の皆さんに大いに期待するところです。ただしそのためには、個々の事象の理解だけでなく、考古学の基本原理・原則を身につける必要があります。今回の講座では、いくつかのテキストを導きの糸としながら、考古学がどんな学問であり何ができるのかを考え、考古学史を概観してなぜ住民研究者の参画がいま必要なのかを学ぶとともに、発掘の基本となる層位論や、考古学の心臓部ともいえる型式論に挑みます。ゆっくり時間をかけて語り合いましょう。

【カリキュラム】※1回ずつの受講もできます。
① 4月9日  考古学とは何か
➁ 5月14日 住民が参画する考古学
③ 6月11日 遺跡を掘るために―層位論―
➃ 7月9日  掘った資料を料理するために―型式論1―
➄ 7月30日 掘った資料を料理するために―型式論2―
➅ 9月10日 掘った資料を料理するために―型式論3―

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・受講者全員に、後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送り致します。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。


この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。

お申込みはお電話092-431-7751で

注意事項

・本講座はZoom・ウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室)。
開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【fk9asacul@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・受講者全員に、後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送り致します。

教室受講の方はこちらからお申し込みください。https://www.asahiculture.jp/course/fukuoka/334804ab-bd7c-f6f1-a0a2-61f10c8fbd3e

日程
2022/4/9, 5/14, 6/11, 7/9, 7/30, 9/10
曜日・時間
第2週 土曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,840円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。


※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

武末 純一(タケスエ ジュンイチ)
1950年福岡市生まれ。九州大学文学部史学科卒業(文学士)。九州大学大学院文学研究科史学専攻(考古学)修士課程修了(文学修士)。北九州市立歴史博物館学芸員、北九州市立考古博物館学芸員、北九州市立考古博物館副館長、福岡大学人文学部教授を経て現在福岡大学名誉教授。その他、文部科学省文化審議会専門委員(2011年~2020年)、九州古文化研究会代表。九州考古学会会長(2013年~2016年)。